おたくの日記と言うか。最近メルブラ修行中。                     格ゲー苦手なりに頑張っている。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
優しい秘密


村山由佳は彼女が直木賞を受賞する前から物凄い愛読してました。


きっかけは中二の夏のときだから、今から五年前ですか。


っていうかええええ!!!!!????


もう五年!!!????

いやぁぁぁぁぁぁ!!!
もうそんなになるの!!!
月日って恐ろしい!!!!




で、中2の夏にですね、無性に恋愛小説が読みたくなりまして・・・・・・


あるよね!!そういう時!!
なんかさ!!読みたくなって、村山由佳と唯川恵を買ったのよ!!

で、唯川さんの方は、どちらかというと大人の女性の恋愛話だったんです。既婚の女性とか、OLの人とか。



で、村山さんはね、おいコー一作目、キスまでの距離を買ったのよ。
だってもう、タイトルが恋愛小説じゃん!!!
即買いよ!!!


勝利とかれんの恋物語。
これがね、ものっすごい衝撃だったんですね。
勝利の年が自分と近かったってのもありました。
こんないい小説があるのか!!この人誰!?ってなくらいに、一気に惚れたんですよ。
それまで好きな作家ってのが私にはいなかったんですよ。だから、村山さんは私の好きな作家第一号です。

その後、当時発行されてる村山由佳の本を買いあさって、読みまくって、夏休みも外でないで、村山由佳読んでました。
私の周りではあんまり村山さんってメジャーじゃなくてさ、だから「私だけが知ってる作家さん」てな風に、少し嬉しかったりしてました。
高校に入って一人だけ村山由佳好きな人と出会って、語り合うことができて、嬉しかったり。


それで、星々の船で直木賞を受賞して、わー、たくさんの人に読んでもらえるーと思う反面少し寂しかったりしました。自分だけの作家さんじゃなくなったみたいで。


何が言いたいのって、私はそれだけ村山由佳に思い入れがあるんですね。

そんでナツイチ恒例おいコーシリーズ。

回を重ねるごとに勝利の情けなさに涙が出そうです。
なんかさ、や、マジで少し惰性になってきたかなと思うのですよ。
村山さんの書く話って本当に面白いと思う。
星々の船然り、全ての雲は銀の然り。
けど、おいコーは回を重ねるごとに、なんかね。
それでも好きだから読みますけど。
うん、でも連載ものの宿命ですよね、少しだらけてしまうのって。
この続きを読む
スポンサーサイト
side-A
と言う本を読みました。
著、本多なんとかさんです。すみません、名前忘れました。本多さん、ごめんなさい。

正味な話、初めはつまんない、と思ってました、が、あとになればなるほどじわじわと面白くなりました。
最後は、やっぱりよかった、ですかね。

結局主人公の男性の名前はわからず終い(だよね?確認してない)

彼が、色の無い人間のように思えたためか、途中まで、あまりにも単調な気がしました。

テニスあたりから、徐々に色がつきはじめて、小金井さんの恋のあたりから、あぁ、こういう色なんだな、と確信がもてた。

秋月氏の娘(名前忘れた)が、死んだことで、彼はやっぱりどこか壊れてたと思う。もともと何か欠けていたのかも知れないけど、娘が死んだことで、さらに広がったというか。

あと、全体的に箱庭の中という印象を受けた。

表紙のせいかも知れないけども、小金井さんとか、かすみさんとかを中心とした箱庭。主人公はどうがんばっても二番目という感じ。
それは、やっぱり、彼の人間性のせいだなと思います。

癖の無いところが、癖なんですよ。普通にしていたら、ありえない色。

だから苦手がられたりしたのだと。

でもよく考えてみれば、彼は色がついたように見えてるだけかもしれない。
かすみさんが他の女性達では為しえなかったことをどうしてできたんだろう、と考えたら、そう思った。
彼女、大して差異は無いんですよ。ただ、一卵性双生児、という点を抜いては。
これは、作中でも語られたとおり、なんとなくその人、気付いたらその人だった、というものかと思います。
理由なんて無いよ、と。
ん?じゃ、やっぱ色がついたふりではないのかな。

て、なんか言ってて恥ずかしい(笑)

独特の色味がある作品だなぁと思います。
良いとは言えないけど、そこが個人的には良かった。

実録鬼嫁日記
を読みました。

鬼嫁さん…

なんでそんなに最強なんすか…

カズマさんがすっごい可哀相だなぁ、と思ってましたがラストで鬼嫁さん、そんなにひどい人じゃないかも、と思い直しましたが、ラストのラストで

あぁ、やっぱりな

と思ってしまいました。手軽に読める一冊です。
一度読んでみることをお薦めします。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。