おたくの日記と言うか。最近メルブラ修行中。                     格ゲー苦手なりに頑張っている。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
優しい秘密


村山由佳は彼女が直木賞を受賞する前から物凄い愛読してました。


きっかけは中二の夏のときだから、今から五年前ですか。


っていうかええええ!!!!!????


もう五年!!!????

いやぁぁぁぁぁぁ!!!
もうそんなになるの!!!
月日って恐ろしい!!!!




で、中2の夏にですね、無性に恋愛小説が読みたくなりまして・・・・・・


あるよね!!そういう時!!
なんかさ!!読みたくなって、村山由佳と唯川恵を買ったのよ!!

で、唯川さんの方は、どちらかというと大人の女性の恋愛話だったんです。既婚の女性とか、OLの人とか。



で、村山さんはね、おいコー一作目、キスまでの距離を買ったのよ。
だってもう、タイトルが恋愛小説じゃん!!!
即買いよ!!!


勝利とかれんの恋物語。
これがね、ものっすごい衝撃だったんですね。
勝利の年が自分と近かったってのもありました。
こんないい小説があるのか!!この人誰!?ってなくらいに、一気に惚れたんですよ。
それまで好きな作家ってのが私にはいなかったんですよ。だから、村山さんは私の好きな作家第一号です。

その後、当時発行されてる村山由佳の本を買いあさって、読みまくって、夏休みも外でないで、村山由佳読んでました。
私の周りではあんまり村山さんってメジャーじゃなくてさ、だから「私だけが知ってる作家さん」てな風に、少し嬉しかったりしてました。
高校に入って一人だけ村山由佳好きな人と出会って、語り合うことができて、嬉しかったり。


それで、星々の船で直木賞を受賞して、わー、たくさんの人に読んでもらえるーと思う反面少し寂しかったりしました。自分だけの作家さんじゃなくなったみたいで。


何が言いたいのって、私はそれだけ村山由佳に思い入れがあるんですね。

そんでナツイチ恒例おいコーシリーズ。

回を重ねるごとに勝利の情けなさに涙が出そうです。
なんかさ、や、マジで少し惰性になってきたかなと思うのですよ。
村山さんの書く話って本当に面白いと思う。
星々の船然り、全ての雲は銀の然り。
けど、おいコーは回を重ねるごとに、なんかね。
それでも好きだから読みますけど。
うん、でも連載ものの宿命ですよね、少しだらけてしまうのって。
この続きを読む
スポンサーサイト
トリック劇場版2


私はトリックが大好きです。
けれど、正直感想はといわれると、面白いんだけど、なんだかな、ってのが感想だったりします。
この続きを読む
ダ・ヴィンチ・コード



多分、このブログの一年前の四月ぐらいのエントリーに「ダ・ヴィンチ・コード読みました」っていうのがあると思う。ないとしても、私がダ・ヴィンチ・コードを読んだのは一年前です。だって学校に持っていって読んでいた覚えがある。


なので、かなり内容を忘れてしまってまして、映画と本の違いは?と言われるとわかりませんと答えるしかないです。

どうやら本に比べると大分端折られているらしいですが、ハリポだってそうじゃないですか。
内容の濃い本ほど、二時間の枠に納めるために端折られるのは宿命ですよ。
もともと映画用に書かれた本じゃないんだから。そこであーだこーだ文句を言うのは筋違いです。なので映画のダヴィンチと本のダヴィンチでは違うものとして考えるべきです。


肝心の内容ですけど、
この続きを読む
復活したみたい

今朝見た夢のことを書こうと思ったら回線が落ちてて、一人部屋で「なんやねん」と逆切れしてたけど復旧したみたいすね。



後ひとふん張りでテストレポートラッシュもおしまいです。

取り敢えずエベレストは越えたので次はK2です。
K2はエベレストよりも登頂が難しいと言われているけど、自分の場合もそうかもしれない。
前半はレポートラッシュで後半はテストラッシュですから。
ヘタしたら登頂できないかも。途中で命綱も切れて死んでしまうかもしれない。


パイレーツオブカリビアンのCMの始めの歌がOZの「ハイハイハイ」のやつにしか聞こえない。
この続きを読む

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。