おたくの日記と言うか。最近メルブラ修行中。                     格ゲー苦手なりに頑張っている。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
突発ワンピ感想


毎週読んでる割には感想をあんまりかかないな自分・・・


これから頑張ろう・・・
ロビンが好きすぎて最近大変。


で、感想なわけですが。



ス パ ン ダ ち ょ っ と 来 い 




こいつ・・・今までの数々のロビンちゃんに対する無礼に重ねて、また無礼を働きやがりました。
殴りやがったこいつ・・・


この瞬間スパンダは私の中の殺すリストの一番になっちまったわけだが(本気にしないでくださいね)


まあでも、むかつくリストで堂々不動の地位を前々から彼は確立してたけどね。


そんでもって、あの角度だとロビンちゃんのパンツがスパに丸見えだNE!!


なんかもう滅!殺!って感じ?




そんで、ロビンの「人の命をなんだと思ってるの!」発言が物議をかもし出しているようですが。
まぁ、わかるけどね。そりゃあ、そう思う人もいるだろなと思う。
ロビン矛盾してますから。

けどまぁ、もうここからは自分の感覚の話なんだけど、なんとなくあの台詞がでた意味がわかる気がする。
なんとなく。なんとなく理解できるんだけど、言葉にしろといわれたらちと長くなるな・・・

人間は不安定な生き物だから、矛盾が生じることだってある。
たとえば「彼女はこういう人間です」って風にたった一言で人間は語れるもんじゃない。
こういう人間だからといって、いつでもどんな時でも同じ考え方を維持できるわけはない。ましてや、トラウマを抉る状況で。
幼少の頃のトラウマは、例え本人が忘れていても、十年二十年三十年、物凄く時間が経ってから、急に心を侵食したりする。それくらい根が深い。と、なんかの本で読んだ。つまりそんなものを目の前に突きつけられて、さらに止めようがなければ、あんな台詞も出るだろうと思う。
自分がバスターコールを繰り返して欲しくないだけの保身とも、あの台詞は取れるんじゃないだろうか。
ロビンはアラバスタで「人が死のうが生きようが興味がない」って言ってる。

バスターコールは見たくない。どうにかして止めたいけどどうしようもない。そんなやり場のない思いがスパへの言葉としてでたんだと思う。

自分は死んだってかまわないけど、海兵さんたちは関係ない。一般論としては海兵さんは無関係だから死んじゃいけない。
どうにかして止めたい、けど無理。でも、なんとか、って気持ちで文句がでる。もっともらしいこと(一般論)を言えば止まるんじゃないかって気持ち。

だからロビンは他人が死んだってどうでもいいのかもしれないけど、少なくとも麦わら一味には死んで欲しくない。自分は死んでもいいくらいの気持ちかもしれないけど、バスターコールは見たくない。
ロビンの中では
自分を棚に上げる<麦わら一味
なんだけど、せっぱつまるあの状況で、そこまでロビンは深く考えてないと思う。
とにかく

どうにかして止めたい→世間的に見て正しいことを

ってな流れかな、と。
だからああいう台詞がでたんじゃないかな、っつー。


だめだ、この文ワケわかんない。
ごめんなさい、こんな意味不明で。

その内きっかりもっとちゃんとまとめられればいいなあって思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。