おたくの日記と言うか。最近メルブラ修行中。                     格ゲー苦手なりに頑張っている。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
オーベル前編感想
とりあえず、思いのたけを書いていくので、支離滅裂だと思う。
以下ネタばれ。



キツイ話ですね。



出だしの作りかけの水銀燈がきつくてきつくて、涙が出た。
泣くとか早すぎとか思ったけど、辛かった。
つか、作りかけっていうより、途中でローゼンが「あ、こいつ失敗したからこのままでいいや」って放置したような気がする。
でも意識だけ残ってて、自分より優れたものが作り出されていってあばばばばば
雛だけ描写がないのはなぜなんだぜ・・・

銀様ああああ

ローゼンマジひでぇ。
みゆきちが「ローゼンはひどい」って言った理由が一発でわかった。
マジで俺を敵に回したぞ。ローゼンは俺を怒らせた・・・

お父様を求めて動く水銀燈はもう、執念ですね。
あーーーローゼン憎いわーーーー
っていうか、あそこにおいてあった服はだれのなんだろ・・・
普通に水銀燈のなのかな・・・?
でも、どう考えても、ローゼンはあれ以上水銀燈を作るつもりは無かったような・・・?
まさか描写の無かった雛・・・なわけはないなぁ
普通に水銀燈のために置いてあったのかな?
中途半端に与える愛情(愛情といっていいのかどうかわからんが)は残酷ですね。



で、現代。
作画ちげええええ
けどまぁ、別にいい。
あらすじにあるとおりの流れですね。
真紅が通販使いこなしてんのにワロタ
そして、それを片手にくんくん見直してんのにもっとワロタ

真紅それただのオタ(ry



めぐもちゃんとでた。
なんか見舞いに赤い薔薇を頼んでた。
でも言ってることが電波がきゅんきゅんだった。

薔薇をめちゃめちゃにする銀様に惚れた
ていうか銀様銀様銀様
薔薇をてに持ってるとき、やるかな?やるかな?と思ってたら本当に薔薇をぐしゃって握りつぶした
何かもう惚れた



で、昔々。
なんかもう色々すっ飛ばして、あれはイギリス?か?
ビックベンっぽいようなそんなような。

バトルシーンkAKKEEEEEE
ちょw
これまでのバトルが嘘のようだ

って
真紅悪女杉イイィィィィ


「心のひだが一枚も二枚もない云々」が分かった気がする
っていうか、私はあんな悪女真紅の方がときめくぜ?


翠の子が一番大人ですね。
まぁ、この時点で一番お姉さんなのは彼女ですからね。
どうしようもない妹達ですねぇ。
現代より、こっちの翠星石のほうが大人ってどういうことかと。

まぁ、いいんですけど。

蒼の子のnのフィールドから銀様キタあああぁぁ


恐いよおおぉぉおぉぉ
そりゃ翠も逃げるわアアアアぁぁぁ


だって貞子みた(ry



でもだれにも受け入れられなくて可哀想だよ銀様・・・
辛いよ・・・
俺辛い・・・


サラキターーーー

予想以上に可愛くn(ry

が、真紅かわえええええ


猫嫌いの理由はやはりここで出ましたが、あんまり大したこと無かったね。
っていうか、真紅はどうなんだろう。
本当に心のひだが無いわ。
蒼の子と戦ってる時も「私は強いわ」を連発なさって、ねぇ?
しかも不敵な感じが悪女っぽいわぁ。

肝心な所をこの頃のドールズ(っていうか真紅と蒼の子)はわかってないですよね。
姉妹を失うってことがどういうことなのかってね。


翠の子めっちゃいい子じゃん。


まぁ、アリスゲームの性質自体が理不尽だもの。


真紅は「第一ドールにはあってみたいわ」って言いましたが、きっと立派で強い姉を想像してるんでしょうね。

で、夜。
銀様またキターーーーー!!

絶頂貞子。

コワイコワイ
けど銀様銀様


鏡の中から出てきましたが、ずーーっと鏡の中を彷徨ってたのかよ・・・
ていうかぼろぼろじゃないかよ・・・

そんでもって羽は無いね。
つまり生えるんだね。


暗黒面に堕ちた時に。


お父様お父様連呼して真紅にすがる水銀燈はやっぱり辛いんです・・・
もうこれ以上薄幸少女にしないでくれよ・・・



なのにそんな弱った銀様を武闘派の真紅は力いっぱい払いのけます。
背中を壁に打ち付けて呻く銀様。

真紅のバカ!!!バカ!!!


なにすんだよ!!!



ダメだ俺もう・・・涙がまた出てきた・・・

お父様しか言わない銀様
真紅の「貴女・・・だれ(うろ覚え)」に対して「水銀燈・・・薔薇乙女の第一ドール」と答える水銀燈。


ちょっと脱線するけど、この水銀燈は銀様とは呼べないよね。


話を戻します。
あんなジャンクだった人形にお父様は名前を与えたのか?とかジャンクなのに第一ドール?とか超突っ込み入りそうですが。

あれはもう、作りかけ、ってレベルじゃないだろ・・・
どう考えてもジャンクだろ・・・

でも銀様美しすぎだろ・・・

これはマジで天使だろ・・・



この辺の伏線は後編へ持ち越されると信じて!!!

次回予告。
羽はえましたね、銀さま。
でも、その前の弱弱しい銀様が本当に本当に可愛くて可愛くて、どうしようかと思った。
本当に言葉に表せない感情が俺の中を駆け巡ったぜww


前編感想終わり。

感情を整理せずに吐露したので、変だと思う。
まぁ、こんな感じだったよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。