おたくの日記と言うか。最近メルブラ修行中。                     格ゲー苦手なりに頑張っている。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
昔こんなライトノベル読んだよ
砂漠~。と聞くと今ではもうWaqwaqしか思い浮かびません。

ひっろい砂漠で防人があっちへこっちへえんやこら。

昔、こんなん読みました。
世界規模で戦争があって、世界が砂漠になってしまい、わずかな人と三ツ目の生命体が生きる世界になってしまった話。

確かタイトルはザ・サードだった気がします。

主人公火乃香ちゃんがキャラバンであっちへこっちへえっちらおっちら。
そんな話だったかなぁ。大分前に読んだから内容覚えてません。

だからなんだよ、て話です。

Waqwaq、外を歩くのが防人だけっておかしい気がする。
キャラバンがあったっていいじゃないか!と思ったんです。
三八式歩兵銃みたいなのが一般の人の手にあるんだから、もう少しすごい、例えばランチャーとかありそうじゃないですか。
それで隊商を襲った機械を撃退!
火薬とかは、砂から砂鉄を集めて作ってさ(作れるのか?)

てな感じに。

すみません、妄想です。
Waqwaqの事考えてたら思い浮かんだだけっす。

でも、妄想、楽しかったです。

ザ・サードという本は面白かった記憶があります。
今、どこまで進んだのか知りませんが、火乃香ちゃんがめっちゃ強かった気がする。
機械を斬!人を斬!なんでも斬!(人斬ってたっけ?)
暇があったら読んでみてください。
世界観は結構いい感じです。ゲーム化したら、楽しい砂漠の旅ができそうです。

ラノベといえば、ダブルブリッドというやつも面白かった、ような、気がする。
大分前だからなー。ラノベは中一か中二で卒業したから、記憶に薄い。

これはスプラッタでした。確か。血飛沫、耳が飛ぶ、腕がちぎれる。
怪(アヤカシ)と呼ばれる生きものが現代社会に生きていて、主人公優樹は、その血を半分引いている。
で、探偵事務所だかをやってる。という設定。
戦闘の描写は、リアルではなかったかと、記憶しております。
読んでて映像が頭に浮かぶ。
グロいところもたくさん。
キル・ビルあたりが見れればどってことないとは思う。
ハンニバルが普通に見れる私はあまり何も感じなかったけど、友達に勧めたら、グロくて読めない、と言われました。

優樹の心理描写もよかったような。本当に優樹のダブルブリッド(人とアヤカシのハーフ。雑種)の気持ちのようで。

今、どうなったんだろう…。
アマゾンあたりで探して読んで見ようかな…。
いや、読んでる暇ないんだよな…。
でも迷うな…。

この年で買うのは抵抗が…。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。